印刷

バドミントン部

夏休み活動報告(1)へ
夏休み活動報告(2)へ
夏休み活動報告(3)へ
夏休み活動報告(4)へ
夏休み活動報告(5-終)へ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

一人ひとりにとって意味ある時間となるために

こんにちは!久留米西高バドミントン部です。
私たちは男子19名女子23名計42名で活動しています。

都大会ブロックベスト8を目指して
日々練習に励んでいるところです。

6月に先輩が引退してから新体制となり、
男女新部長、副部長、キャプテンがそれぞれ
どうしたら良い部活になるかを考えて行動しています。

いよいよ勝負の夏となりました。
この夏の練習が、秋の新人戦の結果に直結するといっても過言ではありません。

個人競技、といわれるバドミントンですが
私たちはチームです。
「くるにしバドミントン部」というチームとして
この夏を戦っていきます。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2学期活動報告

早いものでもう2016年も終わりを迎えようとしています。
久留米西バドミントン部は今日も練習です。

2学期は学校行事が盛りだくさんあり、なかなか練習時間がとれません。
その中でも、1分1秒を無駄にすることなく、 日々の練習に取り組めていた部員は何人いるでしょうか。
自分を振り返ってみましょう。
冬休みは自己を振り返る絶好の機会です。

さて、このノートは何でしょう。

これはメニューノートです。
日替わりで部員がメニューを考えています。

ちなみに男子も2年生を中心にメニューを日々考えています。
ふと練習をのぞくと、意味ある練習を目指して
それぞれコートごとに練習をかえたりと
強くなるための努力を惜しまない様子が窺えます。

与えられたものをやる方が確かに楽かもしれません。
しかし、プレーヤーである部員がそれぞれ必要だと感じたものを
メニューに入れることによって、よりその練習の意味を考えることができるのだと
最近の部員の様子をみて感じています。

事実、最近の練習では互いに技について教え合う場面を何度か目撃しました。
改めて彼らの成長に誇らしく思うばかりです。

長々と書いてしまいましたが、今年の練習ももうあとわずかです。
年明けにはすぐ大会があります。
久留西バドミントン部は来年も一歩ずつ進んでいきます。
ぜひ来年もよろしくお願い致します。

そして部員の皆さん。今年も本当にありがとう。
来年もよろしくお願いします。

(2016.12.24)



夏休み活動報告(5-終)
~夏期練習を終えて得たもの~

長かった夏休みがもう終わりをむかえています。
我がバドミントン部も本日最終日をむかえました。

部長やキャプテンからは、「夏から練習の雰囲気が変わった」
「この流れを夏だけではなくこれからも続けよう」と
力強い言葉をもらいました。

今日は練習風景を撮ってみました。


ノック練習好調です。キャプテンや2年生部員が積極的に後輩に教えています。
また、課題である体力面も鍛えています。
女子はもちろん、最近では2年男子部員がリードしてダッシュ練習をしています!


さて、いよいよ2学期です。
ミーティングでは、今後の課題として、「貪欲(どんよく)さ」を挙げました。
もっと強くなりたい、勝ちたい、という気持ちが練習を支える大きな力になります。
2学期のバドミントン部にぜひご期待ください!!!

(2016.8.30)


夏休み活動報告(4)
 ~もうすぐ夏休み終了!~

先日東久留米総合高校さんとの練習試合を行いました。
本校に比べて人数が少ないチームではありましたが、
「強くなりたい!」という気持ちが非常に高く、
密度の濃い練習をしていることがよくわかるような
試合での動きでした。

やはりバドミントンは土台にはフットワーク。
地味ではありますが、
シャトルを使わない練習の大切さを
痛感した部員もいたようです。

さて、個人戦大会も一段落しました。
なかなか良い成績が残せず、悔しい思いをした部員も
多くいるようです。
その課題と向き合って、
ここから11月の団体戦までにどれだけ練習を積めるかが
勝負となります。

火が着いてきた部員も増えてきました。
まだまだこれから伸びる!!がんばりましょう。

(2016・8・22)


夏休み活動報告(3)
 ~練習試合、練習試合!~

合宿で鍛えた自分達の力を発揮するため
バドミントン部は3校と練習試合をしました。

(1)小金井北高校
「チーム」としての在り方について
たくさん学ぶことができた一日でした。

空いているコートを惜しんで次々と試合を申し込む、
この積極的な「強くなりたい!」という姿勢こそが
小金井北バドミントン部の強さなのでしょう。


(2)文華女子高校

まずは合同練習という形で参加をしてもらいました。
大切なのは「教える」という姿勢です。
教えることで改めて自分のプレーを見直すことができます。

次第に声をあわせてノックを数える姿もみられ、
改めて練習の在り方について考える機会をいただくことができました。
同時に、きついノックを自分達はできるようになってきたのだという
自信にもつながったようです。積み重ねが大切ですね。


(3)保谷高校

練習試合3連戦の締めくくりに毎年お世話になっている保谷高校さんに伺いました。
今のくるにしにとって、ぜひとも勝ちたい「目標」でもあります。

強いチームとやれば負けることも多いです。
しかしこの現状に甘んじず、
「強くなりたい」という姿勢があれば練習のモチベーションにもなります。
この位置で満足せず、もっともっと、強いチームになりましょう。

今回練習試合を快く引き受けてくださった3校の顧問の先生、部員の皆さん。
ありがとうございました!!!




夏休み活動報告(2)
 ~合宿を終えて~

去る7月25日(月)~29日(木)の3泊4日、
私たちバドミントン部は合宿に行って参りました。
場所は茨城県の阿字ヶ浦です。
海が目の前に広がり、気持ちの良い潮風が吹いていました。

今回の合宿目標は、「チーム意識を持つ」ということです。
個人種目と思われがちなバドミントンではありますが、部活というチームで活動しています。
自分だけが強くなっても、自分だけが良い働きをしていても意味がありません。


<1日目>
昼に阿字ヶ浦に到着して、さっそく練習開始です。
今回の体育館はなんと9面もとれる広い体育館。
胸が躍りますが、まずは基礎練習。ひたすら走り込みます。
インターバル走などの持久力を鍛えたり、ランジなどバドに必要な腰を落とす練習をしたり、
初日から足に特化した練習です。

(顧問もダッシュに必死になりすぎたため、写真がありませんが・・・)

後半はラケットを握ってフットワークやシャトル置きと、1分間なわとび(何十回やったかな・・)。
いかに自分達の体力がないかを痛感した、という部員が何人もいました。
日頃の練習を見直していきましょう。

ただ、こういう基礎練習においても、2年生を中心に声だしを意識しており、
互いを励ますかのように一体となって取り組んでいたのは感心でした。
ここから、筋肉痛に苦しめられることになるのですが、、

<2・3日目>
さて、1日練習です。
朝はまずは海岸ラン!阿字ヶ浦の綺麗な海沿いを走ります。
他校の生徒も多く走っており、刺激になりました。


午前練習は相変わらず基礎練習。
1年生もスイッチが入り大きな声が出るようになりました。

午後になるといよいよシャトルをつかった練習です。
念願!ではありますが、ひたすらノックをし続けるというのも集中力がいります。
そんなときこそ、チーム意識。互いに励まし合うことの大切さがわかりました。


1年部員に熱心に指導をする2年生の姿。チーム意識を持てている証拠ですね。


もちろん我が部活は「文武両道」も忘れません。
毎晩、「勉強時間」をとって各自で宿題や自主勉強も行います。
先輩後輩、クラス関係なく肩を寄せ合っておしゃべり・・ではなく勉強を教え合いました。


<4日目>
いよいよ最終日。全日とおして「良い練習」「良いチーム」とは何かを考え続けてきた部員たちの目は、初日とは別人のようでした。
それぞれが何をすべきか、チームのために何ができるか、毎日の日誌からもそんな言葉が増えてきました。

最後は試合練習。男女で団体戦やフリーなどを時間の許す限り入れます。
男女試合は、それぞれが目標をたてて行うことではじめて成果がでます。
意識できていた人は何人か・・これからの課題ですね。


3泊4日、鍛え抜いた合宿はここで終了ではありません。
むしろ、ここからが勝負です。
いかに合宿での練習を日常にいかせるか、それは部員1人1人にかかっています。
練習試合もいくつか決まっているので、この「チームくるにしバド部」がさらに飛翔していくことを顧問は切に願っています。
最後になりましたが、美味しいご飯と快適な部屋を提供してくださった宿の方、優しく対応してくださった体育館の方、関わる全ての皆様に感謝致します。ありがとうございました!!


(2016.8.1)



夏休み活動報告(1)
 ~はじめての練習試合~

新体制になってはじめての練習試合です。
今日は豊島学院さんに来てもらいました。

場慣れしていないこともあり、はじめのうちは
おろおろすることもありましたが、
何とかしようという気持ちのある部員もおり、
最終的には次々に試合にはいることが
できるようになりました。

技術面の課題としては
やはり基本であるフットワーク。
月曜からの合宿で鍛えなければ
試合では戦えません。

今日の経験を活かして
次回以降の練習試合もがんばります。
豊島学院さん、足元の悪い中きていただきありがとうございました!




(2016.7.22)
〒203-0041 東京都東久留米市野火止2丁目1-44
電話 : 042-474-2661 ファクシミリ : 042-475-9002
E-mail : S1000181@section.metro.tokyo.jp
アクセス